黒田草臣 四方山話

アクセスカウンタ

help RSS 備前焼の魅力F‥‥『緋襷の誕生』 偶然から作為へ

<<   作成日時 : 2011/06/29 19:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

ねっとりとした素地の白地に目の醒めるような緋襷‥‥ 
その鮮やかな緋色が縦横に走る。
まさに緋襷の理想がここにある。

画像
隠崎隆一 備前徳利

桃山時代に焼かれた古備前には緋襷の名品が多い。
なかでも国の重要文化財となっている緋襷姥口水指(畠山記念館蔵)は、
「日本一ト昔往ヨリ云伝」と明治の「名器拝覧秘記」にあるなど古来よりいい伝えられた名品である。
根津美術館所蔵の緋襷鶴首花瓶はかぶせ焼によってヒョウげた鶴首となった尻張徳利
ねっとりとした深い土味に緋襷のグラデーションが魅力的。
利休所持の緋襷茶入「布袋」は、撫肩で胴紐が巡らされている桃山時代の名作だと思う。

室町後期から江戸初期までは大窯という共同窯で焼く古備前の全盛期‥‥
現在のように耐火煉瓦や棚板がなかった時代には地下半分を掘り下げ、
アーチ状に竹で編んだ天井に土を塗って伊部の中心部からみて南・西・北に築窯された。
画像


共同の大窯は大きく、一度で多くの作品を焼くため作品を重ねて焼かなければならなかった。
直接作品同志を重ねたのではくっついてしまい、作品に傷がつく。
しかも器物を重ねて焼かなければ窯の底ばかりに作品をいれてしまうこととなり、
火は天井の方ばかりにいってしまい底にある作品は生焼けになる。

そのため、くっつきの傷を防ぐために、耐火性の強い藁を挟んで焼成することをおぼえた。
このおかげで、作品同士くっつかず、しかも藁の跡が、緋の襷をかけたような筋となり、
白い地肌に交差して、これがひとつの景色になったのである。

おそらく陶工たちが、縄で縛って運んできた自分の作品を窯詰めした時、
「どうせ燃えてしまうだろう」と、取らずに窯焚きをしたら、
作品に付着していた藁の跡が、赤く鮮やかに出て驚いたのではないだろうか。

藁は稲藁

運搬に使った古い藁の方が作品に巻きやすい。
こうして偶然の化学変化によってできたこの「緋襷」は、その後、作為を持って作られるようになる。

緋襷に使用する藁は稲藁で、餅藁は使わない。
正月の飾りに使われるのは細工しやすいので、もっぱら餅米の藁だが、
この餅藁は火に弱く、作品同士がくっついてしまうし、藁灰釉のように白い固まりができやすいからだ。
しかし農薬に汚染?された藁はひ弱く切れやすい。
岡山県南でとれる備前雄町米は酒米である。陶芸家・和仁栄幸は、
「これは茎も長くしっかりしていて緋襷に好都合だ」という。

備前の緋襷をまねた常滑では白泥の素地にコモクという海藻を巻き付けて匣鉢に入れて焼いた。
この「藻掛け」で緋色をだすため、あらかじめ藁を塩に浸してから巻き付けると考える人がいる。
しかし長時間焼く備前では藁に塩分を浸したりしない。
海に近いが貝高台もなく、本来、藁をそのまま使った緋襷という手法は備前だけのものだ。

せっかく藁を巻いても匣鉢などを使わず、むきだしで焼くと最初に藁が焼けてしまって緋襷にならない。
それだけでなく自然釉が降りかかったりして炎が直接あたるため茶褐色の地肌となってしまうので、
あらかじめ大きな壷や水指の中に入れたり、匣鉢にいれてから焼成している。

画像


このため、現在では薪の灰がかからないガス窯や電気窯などが匣鉢が必要ないので広く使用されている。
襷の形は色々ある。
古備前に限っていえば、筋をなして太めのものが多いが、火襷が一カ所に集まって火色がまとまって出ているものが多い。
藁には節があり、先端にいく程、だんだん細くなっているが、なるべく同じ太さの藁を選んで巻きつけてあるようだ。現在ではそれほど藁の太さを選ばず、襷から枝が出ていたり二股に分かれているものもあり、下手な絵より勝る調和のとれた火襷を製作するようになった。
砂気の少ないねっとりとした白い肌に細かい「小豆」とよばれる赤い斑点があるものを古来より貴ばれている。
棚板がないために作品を被せたり重ねて窯詰めした。
緋襷と胡麻が掛分のような釉景となる、これが伏せ焼き。
釉薬をかけない備前焼にとって窯詰の工夫によって変化のある作品を生むこととなった。
作品を寝かしたりすることもすでに桃山時代には確立されている。
伏せ焼きなどで、作品同志がくっつかないように間に稲藁を巻くが、器物の外にはみだしてしまった藁が
自然釉の胡麻を誘い、その胡麻が糸状に細くみえるところから「糸胡麻」とよんでいる。
これは飛び胡麻とともに直炎式の穴窯に多く、登窯ではみられない。

2011年7月1日から 金重 愫 展開催です



 



※写真や記事などの無断転載、再配信等はお断りします

しぶや黒田陶苑のホームページに







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
備前焼の魅力F‥‥『緋襷の誕生』 偶然から作為へ 黒田草臣 四方山話/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]