備前焼の魅力探求

「土と焔の芸術」といわれる備前焼……

備前焼をはじめ、上釉を用いない焼締陶は茶褐色になりやすい。
その多くは鉄分などを含む腐植質の粘っこい土が堆積したからだろう。
丹波や越前、そして全国の焼締陶のほとんどが茶褐色をしている。ところが、同じ茶褐色の焼締陶のなかで備前の陶芸界だけはすでに四人の人間国宝を生んだ。六古窯をはじめとする他の焼締陶の産地より、備前の陶芸家の数は断然多い。なぜ、それほどまでに備前の焼物は人々を引き付けてやまない魅力があるのだろう。
画像古備前 甕の陶片

備前焼は古墳時代の須恵器を礎にして綿々とその伝統を守っている唯一の焼物である。
平安の中頃から全国各地は戦乱つづきで農民は農地開拓が進まず苦しんでいたが、ようやく、武家社会となった頼朝の鎌倉時代、農業が発達した。これを起因として全国にある窯場では、どこも同じように農民の日用雑器としての「壺、甕、擂鉢」という“三種の神器”の必要性が生れ、この需要とともに本格的な焼物を焼成するきっかけとなっていく。
この時代にはどの窯業地でも、須恵器から伝授されたロクロを使わず、農民みずからの手で必要性をもって作ったため、粘土を紐状にして積み上げる原始的ともいえる紐造りで制作している。当然、上手に作ることよりも生活に密着する丈夫さを優先させたから甕や壺などの造形は左右対称にはしないおおらかなものだった。
 ここまでは他の焼物と同じ様な歩みであった備前焼だが、大きな変革がもたらされた。『備前焼の三大革命』ともいえそうな改革であった。
第一に侘茶の祖といわれる村田珠光の心を捉えた備前焼は、「草庵茶」の流行と発展が、実用だけでない茶陶という芸術品への転換期となったこと。 
第二に山土から「田土」の使用への変換である。独特の黒い羊羮をおもわせる細かくねっとりとした粘土の使用により、紐造りから轆轤成形が可能になったこと。
そして第三は「大窯」で窯元の株組織が生れ、備前六姓の共同窯の焼成となったこと。これらはすべて備前の特別な土味がもたらしたものだった。
桃山時代には秀吉の保護奨励により全盛期を迎えた備前焼は、連綿と窯の火の絶えることなく今日まで焼締の伝統を守っている唯一のやきものとなった。しかも備前の擂鉢、水甕、壷、徳利などは古から人々とともに暮らした人気商品であり、備前焼の器を使えば、東京の水道水は数時間で一pH純粋の水に近くなる。さらに、胡麻が降り掛かった器を使えば心臓病や骨粗鬆症にも効果があるというのだ。
古備前 擂鉢 画像(海揚り)


一〇〇〇年の伝統を誇る備前焼

大地の源は……土と水である。そしてそこに生を受けた樹木、これらを用いる無添加な焼物・備前焼は地球の大自然の力を最大限に生かしたまさに「土と水と焔」だけのものといえる。それゆえ古来より、土のもつ可能性を最大限に生かすことが備前陶工たちの願いであり、土に対する執念も人一倍生まれてきたといえよう。焔を使って彼らが探しあてたたった一握りの土くれが、私たちに得難い感動を与えてくれることとなる。世界をながめると、その文明文化には、陶磁器が欠かせないものであった。
 古代の西アジアは「文明のゆりかご」といわれるほど、民族の興亡が繰り返され、その度に独自の偉大な文明が誕生した。紀元前七千年の新石器時代の層から世界最古の紋様の描かれている「彩文土器」がイランからイラクにかけて発見されるなど、その石灰質の土によって原色の美しいペルシャ陶器が華開き、オランダではデルフト陶が発明され、さらにヨーロッパ各地で磁器のマイセンやヘレンド、イギリスのボーンチャイナなど華麗な陶磁器が発達していく。 一方、中国では「政は陶に聞け」といわれるほど、悠久八千年の中国文化のなかに息づく、『中国陶磁』は、まさに国の浮沈が、その時代の文明文化が美術工芸を刺激し、新たな技術を創造してきた。シルクロードを通って、西アジアのガラスや上釉の技術がもたらされると水を得た魚のように中国陶器は一気に開花し、豊富な資源と卓越した技術、そして完璧なまでの造形美でヨーロッパをはじめ日本・朝鮮・安南・タイなど世界各地の陶磁器に大きな影響を与えていくようになる。
さて、わが国では、気の遠くなるような縄文と弥生の土器文化が一万年以上も続いた。ようやく古墳時代に、薪の焔を逃がさず、焔の圧力がかかるハイテクともいえる窯が導入され、本格的な焼物が誕生した。
それ以後、この須恵器を礎にした焼締陶から、鎌倉時代には釉薬のかかった陶器、さらに桃山時代には茶の湯とともに発展した美濃の志野、織部、黄瀬戸。そして世界に類をみない特殊な楽。李朝の影響を受けた唐津。そして江戸時代になると京都の華麗な色絵や有田で磁器が焼かれるようになり、日本陶磁器は一気に世界の頂点へとのぼりつめたのである。それゆえ、日本ではありとあらゆる焼物が永い間、人々に愛されてきた。
しかし、何といっても須恵器の手法を学んで、釉をかけずに焼締の伝統をかえることなく悠久一千年の伝統を脈々と守り続けて今日に至ったのは……備前焼をおいて他にない。      -1-備前焼のきた道



魯山人「大雅堂」・「美食倶楽部」発祥の地
 魯卿あん‥‥Rokeian画像定休日:日曜日・祝日

〒104-0031 東京都中央区京橋2-9-9    TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
営業時間:11:00~18:00
 Email:rokeian-kuroda@jupiter.ocn.ne.jp


黒田草臣 BLOGこちら
しぶや黒田陶苑のホームページ戻る

画像
画像
 辻岡正美様 撮影