十三代三輪休雪襲名 雪嶺展



既知の陶芸の枠を超越した巨大なオブジェを構築され、近年では「エル キャピタン」という大自然からの圧倒的な存在感をイメージされた茶陶を創られて、私たちを掌の世界でも魅了してくれる和彦先生が三輪家の十三代目休雪を継がれ、とてもうれしく心よりお祝い申しあげます。

※これを記念して、東京日本橋、京都、大阪、名古屋の高島屋各店にて「十三代 三輪休雪襲名 雪嶺展」が、9月18日から開催されます。
 どうぞ渾身の力作をご高覧いただきたくご案内申し上げます。



miwakazuhiko-1.jpg
雪嶺 / 花器
土との鮮烈な交感
茶味を湛える三輪家の門をくぐり、苔むす侘びた佇まいの不走庵に初めてお伺いしたのは、もう半世紀近く前のことです。十代休雪先生が、ご隠退なさって「休和」を名乗られ、弟の休先生が十一代休雪を継がれて間もなくのことでした。
明治維新とともに苦境に立たされていた萩焼でしたが、十代休雪(休和先生)は、それまでの萩にはなかった独特の「休雪白」を創始し、茶の湯のみならず鑑賞陶芸として萩焼の地位を高められた“萩焼中興の祖”でもありました。

ご尊父・十一代休雪(壽雪先生)は、轆轤に頼っていた花入や水指、喰籠などを土の塊から刳貫いて制作され、さらに原土をより分けた荒々しい土を使った白萩茶碗に十字高台や花冠高台という凄まじい迫力から立ち上がる「鬼萩茶碗」を創りあげられた。「手が傷だらけになるが、これぞ鬼萩というのをやってみよう思った」といわれ、慣習的な茶の湯のお道具を作る保守的な萩焼にとって衝撃的ともいえる圧巻の萩茶碗を創られました。

江戸の頃、「高麗茶碗」の写し一辺倒だった萩焼に斬新な息吹を取り入れたのは、京の楽家(一入)との交流を図り、掌に包み込むお茶碗をお創りになった初代休雪先生。考えてみると三輪家は、何度も革新的なことを萩にもたらしているのだと感じます。



miwakazuhiko-7.jpg
雪嶺 / 花器

物心ついた頃から和彦先生は、十代休雪先生の掌で土が生命を帯びたモノに変って行く様を見ておられ、十一代休雪の創った刳貫の面取花入、水指などの轆轤以外の仕事にも直面されています。
そして、中学一年の1964年の夏休みに京橋の東京近代美術館「現代国際陶芸展」でピーター・ヴォーコスの「皿」を観て陶芸の常識を覆すダイナミックな抽象表現に衝撃を受けられ、さらに1971年の「現代陶芸展」(竹橋の東京近代美術館)でみたジョン・メイスンの巨大な真紅の直方体などの造形表現をするアメリカの焼物に興味を覚えました。そこで全米で最も古いコンテンポラリーアートの専門大学サンフランシスコ・アート・インスティテュートに留学して米国で五年間、造形力を身に着けるため彫刻科の陶芸部門で学ばれ、同時に前衛アートに強烈な影響を受けられたのです。

遊学を終えて3年後、山口県立美術館からの誘いで「現代の陶芸Ⅱ 今、大きなやきものに何が見えるか」に萩の陶土40トンを運んで本物のガードレールを備えた道路を作り、ジープとバイクで走り轍をつけた「DEAD END」を発表してデビューされたのです。さらに直径1.5mのドーナツ状の土を畑で野焼きした「Untitled」をはじめ、「変奏曲」「無想の地」「砦」「黒の遺構」など、陶土に内在する自然の力を利用した逞しいエネルギーを抽象表現された。それは土という素材に対して格別の敬意を払い、予測できないその可能性を探りながら、大量の土塊と交わって格闘した新しい領域を開拓された証しだと思います。

とくに兵庫陶芸美術館開館記念特別展では、信楽の地で一心に土と取り組むことから展示照明にまで心を砕いた「黒の遺構」は圧巻でした。この古代ギリシャ宮殿の力強い巨大空間を構築したという大胆な造形表現が賞賛されて日本陶磁協会賞を受賞されました。



miwakazuhiko-2.jpg
雪嶺 / 水指

その後、“時を経ても自然と共にあり続ける”という三輪家不走時流の精神のある伝統の登窯で、十三代休雪先生もまた、三輪家独特の白萩釉で “掌にある世界”という茶陶に自己表現を明確にした創作に挑まれた。


miwakazuhiko-5.jpg
雪嶺 / 水指

おもえば「三輪和彦の茶室・黎─REI─」(山口県立萩美術館・浦上記念館)では茶室から茶杓まで白に拘り、「白の天空」「白に舞う」「淵淵の白」など轆轤中心に斬新な茶陶を創作されました。

「一服の茶に心を通わせうる為の表現を考えた時、脳裏に蘇ったのは四十年ほど前に目の当たりにしたヨセミテ国立公園に聳え立つエル・キャピタンだった」と、世界一といわれる大自然の凛として聳える一枚岩の厳しさ、豊かさ、そして美しさに感動されて、土の塊から刳貫く彫塑的な創作に駆り立てられたのです。


miwakazuhiko-3.jpg
エル キャピタン / 茶碗

定評ある花器や水指のみならず、両の掌に抱いてお茶を押しいただく茶碗にも、思いのまま土と対峙する重要な意義と方向性を拓いていくことになったと思われます。


miwakazuhiko-4.jpg
エル キャピタン / 茶碗

それは真っ白な淡雪のような滋潤の肌に、黒く覗く見島土と施釉されていない萩土との調和‥‥

内に茶心を包みこんだ一碗一碗に十三代三輪休雪先生独自の境地を包蔵された躍動感をぜひ観ていただきたい。

-黒田草臣-(「十三代 三輪休雪襲名 雪嶺展」への推薦文)





十三代三輪休雪襲名 雪嶺展
■2019年9月18日(水)→24日(火)
■日本橋高島屋本館6階 美術画廊


掲載写真は図録より抜粋いたしました。



魯山人「大雅堂」・「美食倶楽部」発祥の地  
魯卿あん‥‥Rokeian
〒104-0031 東京都中央区京橋2-9-9    
TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
業時間:11:00~18:00
Email: rokeian-kuroda@jupiter.ocn.ne.jp

黒田草臣 BLOGこちら
しぶや黒田陶苑のホームページ戻る


0

この記事へのコメント