『巨匠の高麗茶碗』‥‥炎芸術別冊 高麗茶碗

巨匠の高麗茶碗

明治時代、文明開花の名のもとに押し寄せた西欧様式やオートメーションなどの新しい技術や機械の導入が、古き良きものを捨ててしまう新しい価値観を生み、わが国の「侘・寂」という独特の美意識が無視されてきた。李朝代に焼かれた高麗茶碗も日本の一部の数寄者だけがその良さを理解しるにとどまっていた。ようやく桃山復興や高麗茶碗の再現が叫ばれてきたのは昭和時代になってからだ。「井戸、三島、粉引、無地刷毛目、刷毛目、熊川、斗々屋、蕎麦、呉器などの上釉は高麗青磁の流れを汲むものだ」と、本物を知る川喜田半泥子や北大路魯山人らを筆頭に、粉引、刷毛目など白を際立たせる透明釉(石灰釉)ではなく青磁釉を掛けて匣鉢を使わず薪窯での滋味あふれた高麗茶碗の再現に成功した。真摯に高麗茶碗を追いかけた河村蜻山の「三島茶碗」や吉賀大眉の「井戸茶碗」も心に残る秀逸な作品を残している。


  • 川喜田半泥子 井戸茶碗 銘「白菊」

東の北大路魯山人とともに自由な多芸多趣味の人生を貫いた西の川喜田半泥子。「数寄者の作陶だ」とみられがちだが、その研究心はプロの陶芸家顔負けだ。高麗茶碗においても1913年から朝鮮半島に渡って各地の陶土を掘り当て、「李朝初期」を好み、井戸や刷毛目、粉引、割高台などを制作するようになる。1934年には鶏龍山古窯址を発掘調査してから築窯のヒントを得た半泥子は自らの手で胴木間を長くした三袋の登窯を築いた。その数年後の1937年、高麗茶碗の「無地刷毛目」が焼かれた全羅南道務安郡望雲(マウン)半島にあった廃窯を直して全長六、七メートル、天井の高さ一メートル、急勾配の登窯「荷苗里(ハビョリ)窯」を築いた。土は現地の土を使って轆轤成形して刷毛目や務安の古窯址にみられる無地刷毛に刻文などを施した銘「昔なじみ」など三百個の茶碗を数個重ねて焼いた。

半泥子 0005.jpg川喜田半泥子半泥子 0008.jpg

「朝鮮の窯焚は我が人生の最高の思い出であり、心の滋養であった」と半泥子はのちに書き残している。この時の世話役は近くの咸平(ハムピョン)に大農場を営んでいた山田萬吉郎(「三島刷毛目」(寶雲社)などの著者)で、半泥子の帰国後、咸平で採掘したカオリン質の土を送った。鉄分もほとんどない粘りの少ない土で、耐火度が1690度と高温だったところから、「馬鹿大将土」「新馬鹿大将土」と山田は名をつけて半泥子に送った。半泥子は単味では挽きにくい土だったことから持山である観音山の鉄分のある土を混ぜて井戸茶碗を作った。

高台削りで高台径の大きさを決めるのではなく、半泥子は粘土を挽き上げると同時に高台の大きさを決めて高台の畳付脇は削らず、あとは轆轤まかせ。搭載の井戸茶碗「白菊」は、シャープな口つくり、大胆に削った高台脇の自由奔放さ、躊躇せずスピード感溢れる轆轤で作る。半泥子が「いい茶碗」の条件とした明るい釉調である。「自在自楽」の精神で作る半泥子の井戸茶碗は嫌味を感じさせない小気味よさがある。

  • 魯山人 ほり三島茶盌

書画、篆刻、料理、陶芸、漆芸から建築、造園などの空間に至るまで清新な感性を持って総合芸術を完璧に追い求めた北大路魯山人。桁違いの自然美礼讃の美意識から繰り出される幅広い芸域、それはどれもこれも驚愕に値する魅力的なものばかりである。なかでも古陶磁への深い愛情と理解をもって挑んだ陶芸は魯山人芸術の大きな比重をしめている。

初期の高麗茶碗、とりわけ鶏龍山の白化粧を最も生かした粉青沙器に傾倒していた魯山人は京都深草の河村蜻山窯で刷毛目や三島、繪高麗風の作品を焼いていたが、「古陶の持つ崇高さに欠ける。それは土や原料の仕業だ」と感じ、昭和三年の五月一日から一月間、朝鮮古窯址の探索と陶器原料の調達を目的として下関から関釜連絡船で朝鮮半島に渡り、釜山から京城に直行した。同行者は魯山人の長男桜一と荒川豊蔵、そして星岡窯(ほしがおかがま)を築いた川島礼一の星岡窯主要メンバーであった。

総督府の特別な好意による援助があって、護衛つきの車で鶏( ケ)龍山(リョウサン)康津(カンジン)順天(スンチョン)、河東(ハントン)彦(オ)陽(ニャン)、慶州などの古窯址や窯元をみて廻った。一番の目的である鶏龍山古窯は大正7年頃から盗掘されていた。これを憂いた朝鮮総督府博物館が発掘調査を行ったばかり、鶏龍山では原土採掘することができた。粉引や刷毛目に使える化粧土も折りよく居合わせた朝鮮人古老の協力で採掘できた。

魯山人 0017.jpg北大路魯山人魯山人 0023.jpg


帰国後、魯山人はこの鶏龍山土に立ち向かい、星岡窯で三島、刷毛目、粉引を作陶していく。搭載の茶碗は鶏龍山にはない彫三島といわれる技法だが、篆刻の名作を世に送り続けてきた魯山人ならではの迫力、さらに息を止めて唸りながら一気に施されたの刷毛目が高麗茶碗の良さを映しとっている。

  • 三輪休和 井戸茶碗

維新後、御用窯という藩の保護を失ってしまい自力での経営を余儀なくされて、萩の名門・三輪窯も窮地に立たされていた。毛利輝元の命によって創始された萩焼は茶陶であった。この茶陶に力をいれて制作していくためには「高麗茶碗や古萩など天下の名品を肌で感じ心眼で見極めることだ」と悟り、三輪窯十代を継承した1927年、益田鈍翁、三井守之助男爵、藤原銀次郎、畠山一清、高橋箒庵などを訪ね、高麗茶碗の名品などを手にとって鑑賞している。これら「大茶人に愛される名器」を創りたいと心に誓った年でもあるのだ。

1934年に萩焼の故郷というべき朝鮮へ渡った四十歳の時、京城で表千家の茶道教授をしていた叔父の招待で、李王家博物館など名品の数々を鑑賞した。萩焼の釉薬の調合や焼き方を変え、萩焼の地位向上に努め、白萩釉や枇杷釉も開発した。

1942年、川喜田半泥子が来訪してきた。半泥子は初対面にもかかわらず一週間、三輪窯の不走庵に滞在して、轆轤を蹴って茶碗、水指などを制作した。二人は意気投合し、裏山の竹を切って茶杓を、花入を作って楽しんだ。このとき井戸釉の調合を教わった休和は鉛筆で「窯日誌」に走り書きをした。

休和 0124.jpg三輪休和休和 0228.jpg

休和の井戸茶碗作りには牛箆を使う。茶碗の内側をぐいぐいと締め、外側には三段か四段の轆轤目が付けられる。

堂々たる碗成りと轆轤目。ふっくらと立ち上がりの井戸茶碗に厚みのある枇杷釉、やや還元かかって灰青色が強い釉調の井戸茶碗もある。高麗茶碗特有の薄手の作ではなく、暖か味を内から湛えた程よい厚みのある萩の高麗茶碗だ。

1967年、休和と号して隠居してから、「茶道のわきまえがなければよい茶碗はできない」と、高麗茶碗の大井戸と伍すかのような威風堂々たる井戸茶碗、たおやかさを湛える楽型の茶碗などを制作し、「高台作りは、その人の顔を見るがごとし」と割高台茶碗や筆洗形の茶碗にも挑戦した。高麗茶碗の割高台は祭器に使われた痕がある織部の所持(現在、畠山蔵)など数点が伝来しているが、輝元も所有し、古萩にも写しを作らせている。休和は井戸型の十字高台や沓型の割高台で挑んでいる。

  • 加藤土師萌 御所丸茶碗

色絵磁器のなかでも最も難しいとされた「黄地紅彩(おうじこうさい)」や「萌葱金襴手(もえぎきんらんで)」などの再現に成功し、1961年に「色絵磁器」で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された加藤土師萌。小山冨士夫には、「陶芸のあらゆる技術に精通し、古陶磁に詳しい優れた陶芸の指導者であり第一流の陶磁科学者」と言わしめた。

加藤土師萌は色絵磁器をはじめ、青白瓷、辰砂、均窯、李朝、織部、唐津、古瀬戸など幅広い陶技の技術を化学的にも解明し、新たな陶芸の可能性を探求した。また東京芸術大学にはじめて陶芸科を創設させ、その後、藤本能道、田村耕一、三浦小平二、浅野陽など多くの人材を輩出させている。

土師萌 0029.jpg加藤土師萌土師萌 0034.jpg

1935年、多治見の岐阜県陶磁器試験場に技手として赴任してから十年目に岐阜県より中国、朝鮮の陶業を視察のため派遣され陶芸の原点である古陶磁を見つめなおした。主要博物館などを巡った後の1936年、「支那、満鮮の陶業を視て」と題して綿密な報告書が刊行され、その序論には「先ずなるべく多くの名品に接し、鑑賞の知識と、工藝資料を得るということに重点をおいた」とある。また北朝鮮の会寧や明川の失透釉(斑唐津のルーツ)が鈞窯系の窯であり、初期唐津焼のルーツであることを確信するなど見識が深かった。こうした加藤土師萌の御所丸茶碗である。半磁質のよく焼き締まる灰白土で、口縁は玉縁、腰には「亀甲箆」という箆削り、高台は多角に箆で面取され、高台は土見せになっている。加藤土師萌らしく几帳面で真面目な本歌取りの作品といえる。

  • 中川自然坊 井戸茶碗

豪快さを武器に独自の造形美を創り上げ、その最奥にまで自然灰が浸透する唐津焼を渾身の窯焚で創りあげた自然坊。背の低い割竹式登窯で高温焼成する土や焼きにこだわり唐津焼の一時代を築いた。高麗茶碗においても井戸、三島、刷毛目、粉引、斗々屋などを制作した。とくに唐津の代表格である奥高麗茶碗の名碗のひとつである銘「松下」を実見し、手にとって観る機会をえて、その堂々たる佇まいに感動し、これに挑むことを決意、その枇杷色に腐心した。がむしゃらな還元の焼に拘っていた自然坊にとってゆるやかな酸化焼成は至難だったが、三袋目を酸化焼成して再現できた。これをきっかけに高麗茶碗の代表ともいえる大井戸や斗々屋などにも挑んだ。

自然坊 図1 1:井戸茶碗 正面 (002).jpg中川自然坊自然坊 図1 1:井戸茶碗 高台.jpg

目標としたのは大井戸「細川」であった。2003年「現代日本の陶芸展」(主催:戸板学園)に出品した枇杷色の井戸茶碗に一つの完成をみた。

  • 13代 坂田泥華 井戸茶碗

十三代坂田泥華は晩年に坂田泥珠と号した井戸茶碗の名手である。「有楽」に触発されて、その魅力を充分に熟知し、きめ細かな土を一気に引き上げ、独特の井戸釉をも開発して大井戸茶碗を主力に作陶した。また織田信長が所持し、柴田勝家が拝領した青井戸茶碗「柴田」を思わせる小気味よい作調をも得意としている。

坂田泥華泥華 小井戸 (2).jpg井戸茶碗

泥華の井戸茶碗は気品に満ち溢れ、メリハリの利いた轆轤造型は他の追従を許さない。晩年は「借命の残月を今日も轆轤に座す」といわれた泥華は茶心満点、その茶室は何時の時も釜が煮え、その井戸茶碗で喫茶させていただいたのが懐かしく思い出される。        炎芸術 高麗茶碗‥‥寄稿文『巨匠の高麗茶碗』

炎芸術「高麗茶碗」img150 (2).jpg表紙


魯山人「大雅堂」・「美食倶楽部」発祥の地  
魯卿あん‥‥Rokeian
〒104-0031 東京都中央区京橋2-9-9    
TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
業時間:11:00~18:00
Email: rokeian-kuroda@jupiter.ocn.ne.jp

黒田草臣 BLOGこちら
しぶや黒田陶苑のホームページ戻る
0

この記事へのコメント