目の眼「東京 京橋」‥‥変わりゆく古美術の街

京橋ゆかりの人 北大路魯山人 魯山人と京橋

魯山人と京橋 

魯山人芸術の根幹をなす書道、そして絵画、篆刻、料理、陶芸など‥‥

ずば抜けた知性と行動力をもって革新的な可能性を見出し、それらを融合させた“魯山人芸術”の基礎を創ったのが京橋時代であった。

二頭立ての馬が軌道の上の車輛を引っぱる鉄道馬車が京橋~上野~浅草間を走っていた明治三六年(一九〇三)、

時まさに日清戦争に勝って国運の高揚し、煉瓦造りの洋館やガス灯など西欧化が進んでいた。日本男児なら誰しも徴兵検査を受けなければならない二〇才となった魯山人は、近視のため兵役が免除された。

この年、「あなたは上賀茂神社の社家・北大路家に生まれ、生母の登女は東京にいる」と叔母の中大路屋寸から聞かされた。六歳の時、五番目の養父母となった時から福田姓を名のってきたが、「きたおおじ(・・・・・)」という響きに生家への誇らしさを感じた。これを期に書家として大成したい、まだ見ぬ母登女に一目会いたいと上京を決意した。勤めていた西洋看板屋からの給金五円を懐に上京し、屋寸の娘カネの嫁ぎ先である東京市京橋区高代町「松清堂」の丹羽茂正を頼った。

ところが母には人目をはばかるように冷たくされ、中林梧竹ともに「明治の三筆」といわれた巌谷一六、日下部鳴鶴に会うがその姿勢に失望して、独歩の道を歩むこととなった。

書道塾を営む魯山人の教え方は理詰め、弟子たちは分かりやすく教えてもらえることで評判を呼び、翌年、日本美術協会美術展覧会に初出品した「隷書千字文」が褒章一等賞を受賞、その上、時の宮内大臣田中光顕子爵に買あげられた。

一九〇五年、京橋の岡本可亭に師事して二年後、二四歳の魯山人は同地に書道教授の看板をあげ独立したが、

「著名な作家の書画、篆刻のどれをとっても、芸術性がない」と感じるようになった。「洋画家がパリへ行くように、自分も本場中国の書画、篆刻など身をもって会得するしかない」と思った。一九一〇年、朝鮮半島に渡ったのち満州、中国各地を回り、とくに上海で書と篆刻の大家・呉昌碩と出会って強烈な感化を受ける。

二年後に帰国、その成果はすぐに現れ、篆刻や刻字看板を制作しながら、京橋南鞘町で書道塾を開いた。この才能に惚れ込んだ江州長浜の紙文具商・河路豊吉の知遇をえた大正二年より、長浜を皮切りに京都、福井、金沢の食客時代はじまった。「淡海老舗」、「小蘭亭」、「同風軒」、「七本鎗」、「呉服」(あめや)、「柚子味噌」、「山紫水明楼」、「堂々堂」、「吉野屋」、「あらや」、「白銀屋」、「菁華窯」などを大正四年まで大観銘で手掛けた。

七本鎗157761366764972026304-thumbnail2[1].jpg冨田酒蔵

髪を短く刈り、チョビ髭をはやしはじめた大正五年から北大路魯卿(けい)と号した。「実業之日本」の看板を揮毫し、「日本少年」、「小學男生」のちに「少女之友」、「実業之日本」、「婦人世界」、「有朋堂文庫」などの雑誌の題字を頼まれた。

さらに大正六年には、「魯卿山人」銘で現存では最大級となる中村合名会社の「呉服」、翌年には源田紙業の「元祖 御水引老鋪」の刻字看板を彫琢している。

京橋風月堂の横丁を入った東仲通りに明治末から「一貫堂」という漢方薬と葉茶を扱う三階建ての店があった。経営者の野田峰吉の長男・利衛(可堂)は可亭の書道教室へ通い、魯卿が指導していた。六才の時、明治天皇の御前で書くなど、神童と騒がれ、魯卿が雅印を彫っていた。この縁で、野田が所有していた二階家を借りて魯卿の優れた鑑識眼によって集められた書画、仏教美術、陶磁器などを販売することとなった。店の名を『大雅堂』と決めた。大雅の二字はすぐれて正しい、極めてみやびやかなこと。書画に秀でた池大雅の雅号にあやかっての屋号だ。


京橋は江戸城御用商人の町。明治維新の折、天皇とともに上京した人も加わって京都風の日本趣味のよい町並となった。鞘、弓、鍋、具足、鍛冶、大鋸(おが)、炭、本材木などという町名がついている。静かな東仲通りは「水戸幸商店」、繭山「龍泉堂」など骨董屋も多く、近くに文具の「馬場和風堂」、酒屋の「ぬ利彦」、「松崎せんべい」の本家、陶磁器「平岡萬珠堂」、婦人薬の「喜谷実母散」、和楽器の「鶴川」、唐筆を商う「守尾瑞芝堂」などがあった。

大正八年には京橋の交差点に信号機が付き、自動車が行き交うなど西洋と日本の伝統文化が織りなす大正ロマン華やかな頃、志賀直哉、北原白秋、芥川龍之介など多くの文人に愛された洒落たフランス料理店「メイゾン鴻乃巣」(奥田駒蔵)の刻字看板は、巾三㍍、縦九十㌢、厚さ十五㌢。日本橋の乾物屋「山城屋」のは巾二、八㍍、厚さ十五㌢。ともに欅を用い、筆順に従う草書で鑿の痕を残して素早く彫り上げ、胡粉を埋めた。「日本橋々畔に山城屋の大額は運筆の妙、刀鑿の雅相寄って形、造り真に面白き出来栄えのものである」と彫刻家の吉田芳明をも瞠目させた。一六、春洞、石搪などの名書家の一枚板の刻字看板が並んでいた日本橋大通り界隈でも異彩を放ち、たちまち大評判となった。

大正八年五月、魯卿の優れた鑑識眼によって集められた古美術品を販売する「大雅堂藝術店」(京橋南鞘町七番地・現京橋二丁目)を開店。間口は三間、奥行き五間ほどの二階建ての店舗付き住宅で、外から見える一間幅のショーウインドウを設けた。入口を入るとすべて黒漆塗りの柱、すぐに階段がある。二階の八畳間は寝室。他に四畳半と三畳間で、魯山人の雅印などを篆刻する仕事場となった。欧州対戦後の好景気にも助けられ美術品は飛ぶように売れた。 

大雅堂大雅堂 小.jpg大正12年9月1日撮影

「黒い中国服を着た男の集めた骨董品は筋が良い」

「サルマタ一つの北大路の話は面白い」と多くの好寄者が集まって繁盛した。

それでも客が途切れると二階へ上がり、手ぬぐいを細く丸めて額に巻きつけ、寸暇を惜しんで篆刻などに精をだす。直径十五センチほどある大きな竹を真二つにして「天上天下唯我独尊」と彫琢し、夏には谷崎潤一郎の「潤一郎」、下郷伝平の「仁者寿」の濡額を彫琢している。

京都ですっぽん料理を経験している鴻乃巣の奥田駒蔵は大雅堂の家主でもある野田の自宅の半分を借りて、料亭風に改装して、小料理・丸屋「◯」を開店させた。京都ではスッポンのことを丸ということから、魯卿が名付け、丸屋の看板も彫り、料理の指導もした。

時折、大雅堂のある東仲通に中国人の職人が茶碗などの割れたものを真鍮の鎹で補修する露天をだす。魯卿もその職人が気に入り、よく補修に出した。

大正九年一月、『大雅堂美術店』と改称。鼈甲縁の眼鏡、ステテコにチジミのシャツを着て、鼻下に髭を生やした大柄な北大路先生は、昼食時に野外に煉瓦色の四角い焜炉を持ち出して干物や塩鮭を焼いたりしていた。

古美術、骨董品を眺める顧客は公爵や社長、博士などとよばれる立派な人ばかり、先生の蘊蓄に耳を傾けながら、品定めをして買っていく。名目は美術商であり、最初は金をとらずに料理を振舞った。

この年、竹内栖鳳の印影八八顆を納めた『栖鳳印存』の販売も好調で、その利益を改装費用に当て、二階を客間二部屋に改装し、一階の店の奥に板の間の台所を造り、その下はコンクリートで囲い、スッポンを放した。外には石灯篭のある生簀に鰻を放して、大正一〇年四月、古美術愛好者の会員制とした『美食倶楽部』を開店させ、魯卿自ら包丁を握り、桃山時代の織部や古瀬戸、古染付、古赤絵、オランダなどの茶碗や皿鉢類に盛りつけた料理を出した。一食二五銭ということで美食通の間で大評判となり、会員は天下の名士ばかり九〇余名、二條公爵、徳川家達、久邇宮殿下、子爵の岡部長景、建築家の吉田五十八、そして太刀山などが常連客であった。

美食倶楽部が繁盛すると同時に料理を盛り付ける器が古美術品だけでは足りなくなった。そこで倶楽部の休みとなる大正一二年七月から八月の間、山代温泉の吉野屋別邸に長期滞在しながら、初代須田菁華窯で八百円ほどの大金をつぎ込み、三窯に分けて美食倶楽部用の器を焼かせてもらった。菁華の養子吉次、山本仙太郎、油谷清次郎を助手に魯卿の意のままに成型し、染付や色絵で絵付をした。また山中の矢口永寿に出かけ自分好みの器を造った。

古九谷風image.png色絵あやめ平向付

染附鯰向付namazu.jpg

掲載の「染附鯰向付」もこの時の作。古染付の本歌を所蔵していた魯山人は本家よりもやや薄手に造っていることから鯰が軽快に泳いでいるようにも見える。染付の型ものでは一番、評価が高いものである。

京橋に戻って間もなく関東大震災が九月一日の昼前に起こった。魯卿は戸惑う人々の気持ちを察して大雅堂の入口横に「水アリマス」と書いたが、その夜、神田佐久間町から火事が発生、瞬く間に日本橋京橋界隈をのみこみ、総て灰燼と化し、魯山人の京橋時代は終わった。

魯山人は愕然としたが、復旧を望む声が強く、「古美術品は駄目でも美食倶楽部だけは再開したい」と新しい開店を目指して奔走。この年末、芝公園に美食倶楽部『花の茶屋』を開店させ、元会員のほか東京市長の後藤新平、島崎藤村、カルピス三島社長やドイツのゾルフ大使などが常連となって、多くの顧客で手狭となり、大正十四年(一九二五)の星岡茶寮の開店となった。




魯山人「大雅堂」・「美食倶楽部」発祥の地  
魯卿あん‥‥Rokeian
〒104-0031 東京都中央区京橋2-9-9    
TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
業時間:11:00~18:00
Email: rokeian-kuroda@jupiter.ocn.ne.jp
黒田草臣 BLOGこちら
しぶや黒田陶苑のホームページ戻る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント