常滑急須名人・山田常山

朱泥急須名人・山田常山 ”朱泥茶注造り”の屈指の名家に生れた山田常山は、指先に全神経を集中させ轆轤を廻していた。「絶対に尻漏りはしない急須」が、山田家に代々伝わる秘伝である。 私が初めて伺った五〇年前(一九七〇)、常滑駅からほど近い常滑市前田の入り組んだ商店街には小さな映画館が目立っていた。陶業に携わる職工さん目当てだったのだろう。その一角にある自宅兼店舗の一階で自作の急須を商いしながら、轆轤を回されておられた。農閑期に自ら田圃で採取した田土を店の裏にある自宅の庭で大甕の中に水を加えて撹拌して、静かに水簸した粘土に、ベンガラを加えて半年以上かけて甕の中で寝かして粘土を造る。そのため軒下には一〇個ほどの大甕がおかれていた。急須五種 こうしてできた常滑の粘りのある粘土を荒揉みし、ちぎりながら空気を抜き、菊練りして、一つの胴を造る分だけ手廻しの轆轤台にのせ、ベースとなる本体を作る。まず湯呑のように立ち上げてから腰のふくらみを作り、口つくりを箆で仕上げてトンボ(竹とんぼに似た直径や深さを測る道具)あて寸法を決める。その後、蓋を挽き、細い口の注口や把手をパーツごとに極力薄く轆轤で成形して一、二日ほど半乾燥させる。乾かした各部をカンナなどで削り、注口と把手の角度は直角より、使いやすい八〇度につけ、茶漉しの孔あけは半乾きのとき、胴の外側から竹串で一つずつ開け細かな穴を開けてから胴に注口を取りつける。蓋のつまみは舐めて蓋に接着させ、これを胴体に合わせて微調整し、銘を彫り込む。さらに三,四日乾燥させた後、仕上げをし…

続きを読む