田中佐次郎作陶展 ‥‥ 日本橋三越本店

田中佐次郎展画像日本橋三越本店美術特選画廊

      
と闘う 田中佐次郎  新たな美への創生 ‥‥ 黒田草臣

「思想がやきものをつくる」といわれる田中佐次郎先生は、
茶禅一味のなかでつねに漢詩や書を親しみ、玄奥な陶の道への糧としている。
木々深く清麗なる水が湧く絶好の地の利を得て『山瀬』に登窯を築窯して以来、民家もない山深みの地‥‥。その清浄なる気に包まれながら新しい高みを求めて陶三昧の日々を送り、自らの芸術はどうあるべきかを問うてきた。
画像

古唐津再興を願って多くの古窯址を巡っていた先生は四百数十年前、わずか二十数年で窯の火を消すことになった幻の名窯「山瀬」の古窯址で縮緬皺の美しい高台と薄く乳濁して瑞々しい一枚の陶片に出会い、手のひらでその輝いた陶片を握りしめながら、その場にしゃがみ込んでしまったほどの衝撃を受けられた。やきものに無常観を悟った佐次郎先生は、同時に山紫水明な山瀬魅せられ、「幻の窯」再興を決意し、心身研磨のため、越前の永平寺にて得度、法名「禅戒法月」の居士号を受けた。
一九七五年には永平寺と同じ曹洞宗の常楽寺(唐津市半田)境内に登窯と工房を築いて、土にこだわり強烈な炎の勢いを感じさせる豪放な古唐津を蘇らせている。
一路の光明を求めて山瀬に移ったのは一九八七年秋のことである。標高七〇〇m、山紫水明の山瀬にあった原生林を切り拓いて割竹式登窯を築いて初窯を成功させたのである。
李朝末期の詩人・玩堂の詩に「菩薩元来深き処に住む/ 問説す千青万翠の裡」とあり、佛道の修行は山深い幽邃(ゆうすい)のところが適している、古佛天来の馨が聞こえて自由に心が通じあう感應道交(かんのうどうこう)を悟った先生は先覚者の句詩が人里離れた山瀬へと導いたといわれる。
標高七〇〇mにある山瀬窯の入口には「渓(けい)馨山(せいさん)色(しょく)」「夜来八萬四千偈(やらいはちまんしせんげ)」と門柱に刻字されている。
さらに先生が三十代半ばに出会った蘇東坡の詩で、「渓声便是広長舌」「夜来八萬四千偈」(山の姿は佛の姿で、谷の流れる音はお釈迦様の説法に聴こえ/夜陰に入ると山全域の空気中にたくさんの古佛の教えが聞こえてくるようだと佐次郎先生は解釈している。永平寺を開山した道元が有名にした言葉でもある。
二〇〇三年には唐津を離れ、韓国彦陽蔚山にある神仏山の麓に半地上式登窯(全長十六m)を築窯された。朝鮮半島の白磁から黒いオンギ土に至るまで約八百種類の土を掘り起こして足で踏み、手で練って粘土を作り、試験焼を何度も繰り返して幾多の艱難をしのいだ。
画像

こうした環境も大きく変わる中で桁違いの集中力を発揮され、ただの写しでない先生の気概が強く打ち出された格調高い高麗茶碗が創りだされた。
二〇〇九年秋にソウルロッテ百貨店に於いて日本人として初めて個展を開催したのを節目として、再び唐津山瀬に戻り作陶をしている。
山瀬の窯は全長十七メートル、六袋ある半地上連房式登窯。谷川の水で飯を炊きながら、これまで八百数十回にも及ぶ窯焚を経験されてきた佐次郎先生は、「窯の中の状態は万象森羅日星河嶽の法則を以て、火煙の極核を中心に左状に渦を巻あげる」といわれ、野趣に富んだ古唐津と高麗茶碗から旨味を抽出し、力強さと深みを湛えた佐次郎独自の茶碗が誕生させた。素材の土や釉薬は自らの足で韓国や唐津周辺から採取して唐津と高麗茶碗を融合させた『青霄』をはじめ、『黒刷毛目』、『澄月』、『極光』など独特の品格ある作品を創りだしてきた。
一切データーを取らない「勝負魂」と「集中力」というのも、特徴の一つだが、これまで体得した技術や勘もここ数年に極まり結実している。現在、「辰砂」や「斑唐津」を窯変発展させたものや『毘沙唐津』や『玄黄』という朝鮮唐津を展開したものなどを中心に新作として発表している。
画像

二〇一一年には日本橋三越にて『炎煬 四十周年記念展』を開催。二〇一四年にはスイスジュネーブにて個展、二〇一六年にはアメリカニューヨークにて個展を開催予定である。
これからは大和民族の源流に精神をおいており、そこから始まる焼物作りに取り組むという。
その創作への破格な勢いが、新たな美を創生してくれるに違いないと思っている。



黒田草臣 BLOGこちら

しぶや黒田陶苑のホームページ戻る

画像
画像
 辻岡正美様 撮影