魯山人と古美術

魯山人の蒐集した古美術品は時とともに展がりをみせ、総数は五千点を上回っていた。
そのひとつひとつが、新鮮なひらめきを大切にする創作上、そこから蝕知される手段は魯山人にとってはもっとも重要なものだった。
すでに書家として硯をはじめとする文房四宝には拘っていたが、魯山人の修業時代、各地で食客となって古美術品の鑑賞によって鋭い審美眼を養いながら、実際に使用する茶道具、また料理における食器の役割の大切さを、制作するだけでなく使う楽しみとともに実践していったのである。
蒐集の第一歩となったのは、23歳の時だった。
明治38(1905)年、日本橋檜物町にあった帝国生命の文書係に就職した時のこと。
京橋の東仲通りにあった古美術店でギヤマン紅切子鉢に魅せられた。
それは三円五十銭、月給に匹敵するものだったが、無理して三回月賦にしてもらって手に入れ、会社の昼時に、純白の豆腐をこの鉢に入れて、美味そうに食べた。

魯山人備前土ひだすき大鉢 Bowl, Bizen.jpg 備前土ひだすき大鉢
「昔から物は好むところに集まるとさえ言われている。眼のある所に玉が寄る…という諺もあるではないか。僕は二十才の頃から縁日その他で小さいものを少しずつ集めた」といい、
大正5年には神田駿河台で『古美術鑑定所』を設け、さらに大正8年には京橋に古美術品を販売する『大雅堂』を開店させた。
昭和6年、会員同志が愛蔵の古美術を持ちよって鑑賞する親睦会『洞天会』を星岡茶寮で発足させている。
星岡茶寮の会員に茶寮内で各々茶席を持たせ、茶器は茶席で実際に使い、持ち寄った食器は会食の折りに料理が盛られた。
のちに美術館を開館する根津嘉一郎、畠山一清、小林一三らともに魯山人は古美術品鑑賞会も開催している。
夏には鎌倉山崎の星岡窯(ほしがおかかま)で、早朝の「洞天会朝食会」を開いた。
時間厳守の早朝六時、星岡窯までやってきた人々を出迎えたのは『浴場』と彫られた看板である。
中に入ると嘉靖年製(一五二二~六六)や天啓年製(一六二一~二七)の三石ほど入る成化年製の染付と赤絵の大甕、その大甕に湯を湛えた。まず、『雅器風呂』と称した露天風呂に入浴してさっぱりとしていただいてから食事を用意するなど、人を喜ばせることを大事にした。

魯山人ミしま水指  Water jar, Mishima style.png ミ島水指

 朝鮮半島の鶏龍山から運んだ土で制作した三島手の芋頭水指。白い化粧土も朝鮮カオリンである。


 魯山人と古染付

明末清初、中国の内政が悪化し、景徳鎮は官窯から民窯に移行して作られたいわゆる「古染」である。

この自由奔放な図柄と形状を好んだ魯山人は蒐集に励み、自らも鉢や向付などの多くを制作している。

昭和六年、大阪三越で『星岡窯魯山人陶器展』を終え、京都便利堂印刷から『古染付百品集』上巻を刊行、青海波に桜花を散らしたいかにも魯山人好みの装丁で、翌年の一月に下巻を刊行して、上下二巻を魯山人自装、布張り帙入りという懲りようであった。

 大島浩堂(義脩)帝室博物館館長の題字と、巻頭に「温故知新」を述べ、魯山人は悠久中国の陶磁器の歴史を語り、染付の完成がどれほど当時の人々を喜悦させ、興奮させ、これを隣国の日本人すべてが美的感覚に陶酔し、受け止めたかのように「古染付観」を熱ぽく長文で綴っている。搭載された百品すべてが魯山人蔵の理由を、

「他人に借りては印刷工場に持ち出すため完全を期しにくい。借り物では自由にならない。これが自己所蔵から選んだ理由である」と記した。


 魯山人と旧蔵品

古染付のほか中国陶磁器では漢・唐・宋・明を中心に唐三彩、宋赤絵、天啓赤絵、万暦赤絵、呉須赤絵、青磁、天目、鈞窯、加えて明の金襴手、古赤絵、呉須赤絵など、多岐にわたって所蔵している。

朝鮮半島では古窯址を発掘調査するほど、鶏龍山の粉青沙器や高麗茶碗を好んだ。高麗青磁から雲鶴をはじめとする三島手茶碗のほか、井戸、青井戸、熊川、斗々屋、蕎麦、粉吹、無地刷毛目、呉器、彫三島、刷毛目、伊羅保、李朝白磁を精力的に蒐集し、安南、波斯、紅毛手までも。古唐津では奥高麗茶碗、瀬戸唐津茶碗、絵唐津沓茶碗、唐津壷、絵唐津大皿、斑唐津茶碗や朝鮮唐津など数多く蒐集している。

朝鮮古窯址.jpg朝鮮の登窯にて

昭和五年から発掘調査した美濃では桃山時代の志野、黄瀬戸、瀬戸黒、織部はもとより、36ヵ所の古窯址を発掘した瀬戸では印花水入、古瀬戸茶入、香合、香爐、銚子、水指。

京焼では光悦の茶碗、仁清水指、仁清肩衝茶入、乾山竹絵八寸、額鉢、頴川の仙盞瓶、木米の白磁提梁式水注、交趾急須。古九谷の花鳥大皿、瓢箪唐草紋大皿、あやめ中皿、吉田屋、藍九谷、吸坂手、楽、大樋、蓮月。

ほかに伊万里、鍋島、備前、信楽、伊賀、丹波、常滑、萩、薩摩、小代、上野、高取、八代などの国焼の茶陶から壺、酒盃にいたるまで蒐集した古美術品を慶雲閣の裏手の山よりに36坪の第一参考館と30坪の第二参考館を昭和二年に建てて愛蔵した。

魯山人は参考館に陳列されたものは「学者の参考書籍に匹敵するものだ」といい、「努めて身辺を古作の優れた雅品で満たすべきである」と蒐めた古陶磁を「座辺師友」とし、作陶に励んだ。自らに言い聞かすように、徳川家達、頭山満、正木直彦などが揮毫した『温故知新』の扁額を参考館に掲げていた。



       会場:魯卿あん
          6月1日より開催中



魯山人「大雅堂」・「美食倶楽部」発祥の地  
魯卿あん‥‥Rokeian
〒104-0031 東京都中央区京橋2-9-9    
TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
業時間:11:00~18:00
Email: rokeian-kuroda@jupiter.ocn.ne.jp
黒田草臣 BLOGこちら
しぶや黒田陶苑のホームページ戻る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント